上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ペットも飼えるようになりました。 
 
100×35 チョコボ・キャラメルちゃん

オオハシのチョコボール・キャラメルちゃんですが
 
名前の表記が長すぎるそうなので 「チョコボキャラメル」になりました。
 
チョコボはミトンさんちのチョコボールの弟です。 
 
185×35ミトンさんちのチョコボちゃん
 
 
チョコボは機嫌のいい時はいつも歌を歌っています。
とっても楽しそうです。 
 
チョコボの歌
 
100×35 食べちゃうゾ
 
固まるチョコボちゃん
  
  
line-a.jpg   
 
そして中南米西岸の入港許可を貰いに行きました。 
滝。
 
うわさのティカさん☆。.:*  
 
うわさのティカさん
 
100×35 迫りくるティカさん
  
毒入りですっ
 
  
100×35でもちょっとオモシロカッタ。☆。.:*  
  
 
line-a.jpg
 
  
海賊なんて
 
100×35あっちいけっ
 
ぽわ太のいる時代は食べたり食べられたりの厳しい世界なのデス?▽。・x・)ノ?
 
  
line-a.jpg
  
  
   コンドルの飛んでいく丘
 
少し駆け足で通り過ぎた中南米西岸
  
つぎにくるのはいつかな?
 
2010.01.24 
お部屋の改装が終わりました。

イスラム風です。 
 
差し込む薄陽がすてき。
 
一度北欧風にしてからまた改築しなおしたりしたので
とても時間がかかってしまいました。
 
 
 
でもね

本当は

本心 
 
明るくて温かな感じの北欧風ランク3のお部屋が本当に好きだったのです。

 
でも 
 
かぼちゃ頭3つ
 
ランク4の中では明るいほうと言われるイスラム風ですが
石のお部屋は少しひんやりして冷たそうにも見えます。
 
185×35 椅子が豪華なの。
 
いつかそのうち慣れるのかな。 
 
 
    ぞうりでくつろぐぽわ太

 
2010.01.19 

副官のダヴィ蔵が開錠+1を覚えました。
 
ダヴィ助とかダヴィ吉とか色々呼ばれてきたけど今はダヴィ蔵です。  開錠+1
 
これでぽわ太は9+2です。11もあるのです。
 
185×35開けぬ宝箱の皮算用
  
 開錠を覚えて少し偉くなったダヴィ蔵に窘められるほど喜んでいたら
 
ダヴィ蔵のお言葉
 
更に日本の少年遣唐使団に開錠+1の服まで貰ってしまい
9+3になってしまったぽわ太でした。更に!
 
 
line-a.jpg
 
 
気がついていた方もいらしたかと思いますが
 
今まで、殆どの他の人達が出来ていたことで、ぽわ太だけ何故か出来ない事がありました。
 
ペット飼いたいんですけど… たとえばペットを飼えなかったり
 
農園も作れなかったし ファームだって欲しい
 
オーナメントも飾れないの? 他にも、色々・・・ 
  
white-line-c.jpg ぽわ太のぼやき
 
                ↑ついこんな風に考えちゃうぽわ太でしたが 
 
 
ある日部屋の改装が出来るようになっていたのに気がつきました。
  
その他にも色々出来ることが増えていて
 
 
 
 扉の向こうには…それはまるで、突然ぽわ太の前に一枚の扉が現れたかのよう。
    
  玉乗りピエロ   
 
扉の向こうには、ぽわ太の行けなかった世界が沢山拡がっていました。
 
とりあえず最初は何をすればいいのかな。
 
しばらくお部屋の改装がてらマルセイユに籠って考える日が続きそうです・・・。
 
 
 line-a.jpg
 
 
気がつくともう一年が過ぎ去ろうとしています。
 
 少し遅くなったけど、
 
 merry christmas ☆。.:* 
2009Xmas   
 
Happy New Year.
 
       来年も皆さんに幸多い一年となりますように。オーナメント☆:* 

 

2009.12.25 

ツタンカーメンのマスクを発見したらすぐ転職して
戦闘修行をしようと思ってたけど
 
せっかく開錠+1なのでまだ少し冒険を続けることにしました。 
 
 
ブリテン島の北の端で・・・
white-line.jpgwhite-line.jpg海洋堂制作デハアリマセン。キラキラリン.+:。☆ 
 
アドリアの向かい風を超えて… 
  
カバラのおけいこ 

 white-line.jpgキラキラキラリン.+:。☆ 何に使えるの?

世界中のお宝を掘りまくっていたら、
スキルがいっこあがったので
 
前からずっとやりたかった「世界宝石産地めぐりツアー」に出ることにしました。
 
go-go-!  
 
line-a.jpg 
 
アフリカ南岸.+:。☆
 
アフリカ南部でよく採れるダイヤのうちでも、色のついたものは
ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれ、その希少性から価値が高くなります。
 
黄色い宝石の鉱脈の地図
 
white-line-c.jpg    宝石言葉/不屈、純潔
 
宝石言葉/不屈、純潔
 
  185×35ピンクの宝石の鉱脈の地図
 
アフリカ南南東岸.+:。☆
 

 宝石言葉/不屈、純潔
 
185×35青い鉱脈の宝石の地図
 
 
ザンジバルで財宝がお好みのマージドさんに報告すると
貰える名声と報奨金の高さにびっくりしました。
 
報告。
 
 
アラビア海北東岸.+:。☆
 
インドよりの地域では ダイヤモンドの次に堅いコランダム(鋼玉)の
仲間のサファイヤやルビーが採れるようになります。
 
青い鉱脈の宝石の地図
 
white-line-c.jpg宝石言葉/誠実 
 
 宝石を発見すると原価O㌦の宝石も一緒に掘れます。
 
宝石ザクザク!
 
white-line-c.jpg ぽわ太の喜び
 
どんな古い遺跡や珍しい考古学的発見をした時よりも
深い喜びを感じるぽわ太なのでした。
 
 
ベンガル湾北東岸.+:。☆

宝石言葉/熱情、威厳、勇気
 
185×35赤い鉱脈の宝石の地図
 
 
緑の鉱脈の宝石の地図
 
white-line-c.jpg不老不死
 
翡翠(ひすい)は中国でとても高価とされる宝石です。
メソアメリカでは呪術の道具として使われていました。
  
line-a.jpg
 
全部でおいくら?.+:。☆
 
往復で2回ずつ掘って、その他にお宝地図で掘った真珠と象牙も合わせて
コペンハーゲンまで売りに行きました。
 
宝石の相場が全体的に高い時を狙ってこのお値段。
 
全部でおいくら?
 
ダイヤとサファは難破で少し流れてしまったのが、残念。▽´・x・)
 
line-a.jpg
 
そして旅の締めくくり。
 
マルセイユに帰還すると、爵位授与が待っていました!
 
出世するぽわ太
 
ヤッタァ!ヽ▽。・x・)ノ
  
 

2009.11.29 

むかしむかし
 
とあるマルセイユに、それほど裕福でない粉ひき屋のおやじがいました。
 
そのおやじが死んだとき

長男 イチロー  は 粉ひき小屋 大きくない粉ひき小屋 を

二男 ジロー  は 粉をひくロバ 粉を挽く程度の能力 を
 
そして三男の ミトン ミトン  は
 
猫の ぽわ猫 をそれぞれ受け継ぎました。 
 
 100×35 人と話をする程度の能力 

ぽわ猫を貰ったミトンはがっかり・・・。
 
なにせ猫なのです。
 
鼠をとるくらいで後は他に何の役にたつと言うのでしょう。
 
けれどもぽわ猫はミトンにこう言いました。 
「あなたが貰ったものにも、少しは価値があるんですよ。」 
  
密談の夜  
  
  「なんたって世界で一番可愛いくて賢い猫なんだから。
  だから私に、藪の中に入っても大丈夫な長靴を買って下さいな。」
 
ガッカリしすぎてどうでも良くなっていたミトンは
やけになってぽわ猫に長靴を買ってやることにしました。  
 
高いよ! ピカピカブーツ♪ 
 
ぽわ猫はさっそく長靴をはいて森の藪の中に入っていき、
そしてウサギをたくさん捕まえると
 
100×35ウサギ再登場     
 
それをお城のギーズ公爵の元へと持って行きました。   
 
  「私はミトン侯爵の召使いです。 ギーズ公爵に貢物のうさぎを持ってきました。」 
 
お届けものでーす   
 
こうして狩りの獲物をせっせとギーズ公爵へ届け続けたぽわ猫は、
すっかりギーズ公爵のお気に入りとなったのでした。
 
そんなある日、ぽわ猫はギーズ公爵の一人娘のラティ姫 が
湖の側へ散歩に行くという情報を聞きつけました。
 
ギーズ公爵令嬢*ラティ姫*
 
さっそくぽわ猫もミトンを連れて湖へ。
 
そしてミトンが湖で水浴びをしている間にミトンの服を隠してしまいました。 
  
そこへラティ姫が通りかかりました。
 
「あら、お父様のお気に入りのぽわ猫だわ。なにごとかしら?」 
  
「大変です!ご主人の服が泥棒に盗まれてしまいました!!」 
 
「まぁ大変。さっそく召使いにお城に行ってお父様の服を持ってこさせましょう。」 
  
 第一印象は大切に。
 
すると、立派な服を着たミトンはなんと麗しい青年に見えた事でしょう。
ラティ姫はいっぺんに心を奪われてしまったのでした。 
 
そしてぽわ猫はラティ姫にこう言いました。 
 
「ラティ姫、ぜひお礼をさせて下さい。
どうかギーズ公爵と共に主人のミトン侯爵のお城へお越しください。」  
 
100×35ミトン:「お城…?」 
  
そしてラティ姫がギーズ公爵を連れにお城に戻っている間に   
ぽわ猫はこのあたり一帯を支配していた恐ろしい魔女のお城へ先まわり。
 
魔女*魔女*
 
「私は魔女様を尊敬している猫です。ぜひ魔女さまとお話をさせて下さい。」 
 
そして魔女に会うとぽわ猫は魔女 にこう言いました。
 
「魔女様は何にでも変身できる能力をお持ちだとか。
たとえば大きくて恐ろしいクマにもなれるのですか?」 
 
魔女さまにお願い
 
「クマになれるかだって? フフフ 見ておいで。」 魔女
 
魔女はあっという間にクマに早変わり。  
  
クマにご注意   
 
恐ろしいクマの姿でぽわ猫をあちこち追いかけまわしました。
 
「これは驚いた。あなたは確かにすばらしい魔法使いです。
ですが、大きいクマにはなれても小さくて すばしこい鼠になるのは無理でしょう?」 
 
アクマのササヤキ
 
「何だって。私になれないものなどあるものか。」
 
そういうと魔女は一匹の小さな鼠 に変身しました。 ネズミですよ
 
こうなると次は追いかけまわすのはぽわ猫の番です。 
  
あっという間に元魔女の鼠を捕らえて、 すぐに殺してしまい、
そして餌に加工して商館で売ってしまいました。  
  
最後に笑うのは誰だ!?   
 
こうして恐ろしい魔女のお城を手に入れたぽわ猫は
ギーズ公爵とラティ姫をお城に迎い入れました。
 
ちょうど魔女は友人と悪だくみをするために豪華な食事を用意しているところでした。
 
「ミトン侯爵はなんと立派なお城をお持ちな事だろう。
それに城に来るまでの領地の立派なこと。
 
ラティ姫も侯爵を気に入っているようだし、ミトン侯爵殿、ぜひラティ姫の婿になって欲しい。」 
 
結婚式おめでとう!
 
ミトン・・・いや、ミトン侯爵は深く頭を下げ
ギーズ公爵の申し出を受け、すぐに豪華な結婚式がとり行われました。
 
こうして大貴族になったミトンはラティ姫といつまでも仲良く暮らし、
ぽわ猫は魚を釣ったりして、
マルセイユでのんびり楽しく暮らしましたとさ。 
 
100×35Pussy-cat, pussy-cat,What did you there?♪ I frightened a little mouse Under the chair.♪
 
                                               めでたし、めでたし。  
 
チューリップライン 
  
…撮影に協力して下さった方たち…
 
ミトン侯爵 *ミトンさん*
 
クマに変身した魔女 *リサさん*
 
ラティ姫 *ラティさん*   ありがとうございました!
 

2009.11.15 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。