上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
季節ごとのお祭りに出かける他は
殆どマルセイユにこもりきりのぽわ太でしたが  
  
マルセイユにいても東アジアや新大陸の新しい衣装がどんどん
増えていくのは見ていました。
 
  
和菜さんファッションショー   
  
 
それでも、新しい服を手に入れる気力も起こらず
あいかわらずマルセイユにこもり続けるぽわ太なのでした。

  
  white-line-c.jpg つぶやきは続く 
   
   
 
 あの日、あの時、あの場所で。 「あのドレス」に出会うまでは。      
   
  
  
黒孔雀登場    
   
  
 
説明しよう ▽。・x・)ノ
 
黒孔雀のドレスとは、 
 
インドの奥深い山奥にしか生息しない「幻の黒孔雀」を発見した冒険者に与えられる、
孔雀マスターの称号を持つ者のみが身につけらる・・・どうのこうの・・・
 
というのはまったくのウソで 
 
(* ´∀`) 
 
西欧のあちこちに散らばる5つの美しい絵画を収集した人が、
マルセイユのダ・ヴィンチ先生からご褒美に与えられる
美しい黒のドレスなのです。
 
white-line-c.jpg 誰も知りませんでした。  
  
ダ・ヴィンチ先生だってふざけてみたい。
 
 
とにかく孔雀ドレスの色違いを3色お揃いで持っていたぽわ太は
新しい黒の孔雀ドレスもどうしてもどうしても欲しくなって
  
 
white-line-c.jpg一色足りない
   
 
ぽわ太の決心
  
ドレスGETを固く心に誓うのぽわ太なのでした。
 
そしてこれをきっかけにぽわ太は怒涛の美術マスターへの道を
突き進むことになるのです。
  
   
line-a.jpg    
 
「黒孔雀シリーズ」は続く。▽。・x・)ノ  不定期で。  
   
  
2012.06.02 
Secret

TrackBackURL
→http://poil.blog106.fc2.com/tb.php/153-111724a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。