上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

むかしむかし
 
とあるマルセイユに、それほど裕福でない粉ひき屋のおやじがいました。
 
そのおやじが死んだとき

長男 イチロー  は 粉ひき小屋 大きくない粉ひき小屋 を

二男 ジロー  は 粉をひくロバ 粉を挽く程度の能力 を
 
そして三男の ミトン ミトン  は
 
猫の ぽわ猫 をそれぞれ受け継ぎました。 
 
 100×35 人と話をする程度の能力 

ぽわ猫を貰ったミトンはがっかり・・・。
 
なにせ猫なのです。
 
鼠をとるくらいで後は他に何の役にたつと言うのでしょう。
 
けれどもぽわ猫はミトンにこう言いました。 
「あなたが貰ったものにも、少しは価値があるんですよ。」 
  
密談の夜  
  
  「なんたって世界で一番可愛いくて賢い猫なんだから。
  だから私に、藪の中に入っても大丈夫な長靴を買って下さいな。」
 
ガッカリしすぎてどうでも良くなっていたミトンは
やけになってぽわ猫に長靴を買ってやることにしました。  
 
高いよ! ピカピカブーツ♪ 
 
ぽわ猫はさっそく長靴をはいて森の藪の中に入っていき、
そしてウサギをたくさん捕まえると
 
100×35ウサギ再登場     
 
それをお城のギーズ公爵の元へと持って行きました。   
 
  「私はミトン侯爵の召使いです。 ギーズ公爵に貢物のうさぎを持ってきました。」 
 
お届けものでーす   
 
こうして狩りの獲物をせっせとギーズ公爵へ届け続けたぽわ猫は、
すっかりギーズ公爵のお気に入りとなったのでした。
 
そんなある日、ぽわ猫はギーズ公爵の一人娘のラティ姫 が
湖の側へ散歩に行くという情報を聞きつけました。
 
ギーズ公爵令嬢*ラティ姫*
 
さっそくぽわ猫もミトンを連れて湖へ。
 
そしてミトンが湖で水浴びをしている間にミトンの服を隠してしまいました。 
  
そこへラティ姫が通りかかりました。
 
「あら、お父様のお気に入りのぽわ猫だわ。なにごとかしら?」 
  
「大変です!ご主人の服が泥棒に盗まれてしまいました!!」 
 
「まぁ大変。さっそく召使いにお城に行ってお父様の服を持ってこさせましょう。」 
  
 第一印象は大切に。
 
すると、立派な服を着たミトンはなんと麗しい青年に見えた事でしょう。
ラティ姫はいっぺんに心を奪われてしまったのでした。 
 
そしてぽわ猫はラティ姫にこう言いました。 
 
「ラティ姫、ぜひお礼をさせて下さい。
どうかギーズ公爵と共に主人のミトン侯爵のお城へお越しください。」  
 
100×35ミトン:「お城…?」 
  
そしてラティ姫がギーズ公爵を連れにお城に戻っている間に   
ぽわ猫はこのあたり一帯を支配していた恐ろしい魔女のお城へ先まわり。
 
魔女*魔女*
 
「私は魔女様を尊敬している猫です。ぜひ魔女さまとお話をさせて下さい。」 
 
そして魔女に会うとぽわ猫は魔女 にこう言いました。
 
「魔女様は何にでも変身できる能力をお持ちだとか。
たとえば大きくて恐ろしいクマにもなれるのですか?」 
 
魔女さまにお願い
 
「クマになれるかだって? フフフ 見ておいで。」 魔女
 
魔女はあっという間にクマに早変わり。  
  
クマにご注意   
 
恐ろしいクマの姿でぽわ猫をあちこち追いかけまわしました。
 
「これは驚いた。あなたは確かにすばらしい魔法使いです。
ですが、大きいクマにはなれても小さくて すばしこい鼠になるのは無理でしょう?」 
 
アクマのササヤキ
 
「何だって。私になれないものなどあるものか。」
 
そういうと魔女は一匹の小さな鼠 に変身しました。 ネズミですよ
 
こうなると次は追いかけまわすのはぽわ猫の番です。 
  
あっという間に元魔女の鼠を捕らえて、 すぐに殺してしまい、
そして餌に加工して商館で売ってしまいました。  
  
最後に笑うのは誰だ!?   
 
こうして恐ろしい魔女のお城を手に入れたぽわ猫は
ギーズ公爵とラティ姫をお城に迎い入れました。
 
ちょうど魔女は友人と悪だくみをするために豪華な食事を用意しているところでした。
 
「ミトン侯爵はなんと立派なお城をお持ちな事だろう。
それに城に来るまでの領地の立派なこと。
 
ラティ姫も侯爵を気に入っているようだし、ミトン侯爵殿、ぜひラティ姫の婿になって欲しい。」 
 
結婚式おめでとう!
 
ミトン・・・いや、ミトン侯爵は深く頭を下げ
ギーズ公爵の申し出を受け、すぐに豪華な結婚式がとり行われました。
 
こうして大貴族になったミトンはラティ姫といつまでも仲良く暮らし、
ぽわ猫は魚を釣ったりして、
マルセイユでのんびり楽しく暮らしましたとさ。 
 
100×35Pussy-cat, pussy-cat,What did you there?♪ I frightened a little mouse Under the chair.♪
 
                                               めでたし、めでたし。  
 
チューリップライン 
  
…撮影に協力して下さった方たち…
 
ミトン侯爵 *ミトンさん*
 
クマに変身した魔女 *リサさん*
 
ラティ姫 *ラティさん*   ありがとうございました!
 

2009.11.15 
Secret

TrackBackURL
→http://poil.blog106.fc2.com/tb.php/133-f78965f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。