上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

前回のつづき.+:。☆・゚:*:

魔法使いのおかげで素敵なドレスと靴を手に入れて
お城の舞踏会にいけることになったぽわデレラ。

舞踏会にはマルセイユじゅうの若い娘が集まっていましたが、 もちろん、
その中で一番輝いていたのは、
舞踏会を一番楽しみにしていた ぽわデレラでした。 
  ぽわデレラが一番。

「あの美しい孔雀のドレスを着た、可愛らしい娘さんは誰?」
みんなが ぽわデレラを見てそう噂しあいました。 
 
そしてもちろん、ギーズ公爵もそんな ぽわデレラを見逃すはずはありませんでした。 
 
ギーズ公爵の決心 

でも、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

気がついたら時計の針は12時を指すところでした。 
 
                       カチコチ時計の音 
 
12時を過ぎると、魔法は解けてしまいます。

ぽわデレラは急いでお城の階段を駆け下りました。 
 
靴が・・・

するとその時、靴が片方脱げてしまいましたが、取りに戻っている暇はありません。

ぽわデレラは片方の靴を残したまま、お城を後にしました。
 
そして12時の鐘がなり終わると、
もとの惨めな姿の ぽわデレラに戻ってしまったのでした。 
 
                  パーティの終わり。  
 
ぽわデレラの手元に残ったのは、孔雀の羽と魔法使いの靴の片方だけでした。
                                       孔雀の羽 片方のだけの靴 
 
チューリップライン  
 
そして次の日。
 
ギーズ公爵の命令で、マルセイユ中をあげて ぽわデレラさがしが始まりました。
 
手がかりはお城の階段に残された靴だけです。
   
手がかりは靴だけ。
 
お城の召使いが ぽわデレラの落とした靴をもってマルセイユ中を巡ります。 
                      召使てまりちゃん
 
まずは最初に通りすがりのクマの商人が履いて見ることにしました。
 
クマの商人
 
するとなんとピッタリでした。
 
                   クマさんにもぴったり♪
 
              魔法使いの靴は魔法で誰の足にもぴったりするように作られていたのす。 
 
でもクマなので却下されました。 
 
クマはムリ
 
 
木の影で一部始終を見ていた ぽわデレラは、 この騒ぎを収めるため
エプロンからそっと孔雀の羽ともう片方の靴をとりだし
召使のところに行って言いました。
 
「お城でその靴を落としたのは、私です。」 
 
これが証拠です。
 
たしかに孔雀の羽はあのドレスに使われていたもの、
魔法使いの靴も世界に 一つしかない珍しいもの。
 
ぽわデレラは確かにあの時の娘です。 
 
      おめでとう♪ ぽわデレラ。 
 
                  ぽわデレラはギーズ公爵の花嫁に迎えられることになったのでした。
 
チューリップライン 
 
でも・・・
 
よく考えた ぽわデレラはお城へ行って、ギーズ公爵へのお嫁入りを断りました。 
 
おヨメに行かない理由
 
                                                                   傷心のギーズ公爵
 
元々花嫁選びにはあんまり興味なかったのですものね。 
 
チューリップライン
 
 
さらに同じ頃・・・今までの頑張りが意地悪な不動産屋さんに認められて、
大きなお家に引っ越すことが認められました。 
 
あたらしいお家 
  
そして ぽわデレラは、新しいお家でいつまでも楽しく優雅に
暮らしました・・・
 
と終わりたいところですが 
  
ほんとうは・・・
 
大きくなったお家のお掃除やお手入れで 前よりもっとたくさん、
でも、結構楽しくせっせと働いたのでした。 
 
めでたし、めでたし。  
 
                                               めでたし、めでたし?0119kuma4_ani.gif 
 
line-a.jpg  
 
Memorial of Happy Halloween!-2008-.+:。☆・゚:*: 
  
Happy Halloween!-2008-  
 

2008.12.21 
Secret

TrackBackURL
→http://poil.blog106.fc2.com/tb.php/109-5ff2b402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。