上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

それは、東地中海の北アフリカはベンガジの地を巡って、
ヴェネチアとフランスの間で激しい海戦がおきていたころ。。。



カルカッタのおじさん

キャラメルはインドにいました。

商用クリッパー

リューさんに作ってもらった商用クリッパーに乗れるようになるよう、
ベルベットを織って売るためです。

リューさんにクリッパーを作ってもらったのは
もう随分前なのにねぇ。;;


そのため、同じくインドで造船修行をしていたいちのさんに
カテ3を売ってもらうため、ゴアへ。

青いクルタ

カテのお礼にいちのさんにクルタを作ってプレゼントしました。
(いちのさんはいつも裸だから。)

そしたらいちのさんが、お返しに白くてふわふわした、
とっても素敵な「ドードーの羽扇子」をくれましたよ。

白くてフワフワしたもの

ドードー

しばらくお気に入りになりそうです。0119kuma4_ani.gif
 

スポンサーサイト
2007.07.28 

あるひマルセイユ広場で

ある初夏の夜。
マルセイユ広場に、フランス市民の皆と
クマさんが集合しました。

ベイルート役人前

皆でベイルートに移動。
役人を投資攻めに!ヽ▽。・x・)ノ♪


その後はフランス恒例の橋架け祭りです。

皆で並んで…


橋の出来上がり。

海じゃなくて、何故か陸地だったけど…。0119kuma1ani.gif

2007.07.23 

転職シマシタ 発掘家になりました。

ラン ララン♪

足取りも軽く、目指すはダブリンの奥地、ボイン渓谷です。

そう、うわさのケルト堀りに挑戦!デス。


発掘開始 狙い定めて発掘開始!


でも、掘れるのは…

石とか 石とか
石とか 石とか
サバとか サバとか。   ウソデス。


ぽゎん。

だんだんと蓄積していく疲労に、眼差しもうつろなキャラメルでした。


ザクザク!

もうこうなったら、トコトン掘って掘って堀りまくるマデ。


そして、ついに肝心のケルトが掘れた瞬間…

掘れたよ!

写真をとるタイミングを逃し、残るはただログばかりなのでした。
εミ(っ>_<)っ
 

2007.07.22 

リューさんと一緒に、
インドに商館納品用のラフカラードレスを作りに行った
帰りのことです。

よくばって倉庫に満載の生糸を積んでしまったので、
水がなくなってしまいました。

そこでキャラメルは、雨乞いの踊りを踊ってみることにしました。

雨乞いの踊り

「あめ~あめ~ヽ(・x・。▽▽。・x・)ノふれ~ふれ~」
(キャラメルはあやしいおどりをおどった

リュークマさんも一緒に踊ってくれました。

クマバージョン

「あめあめヽ(・(ェ)・´)ノ ヽ(`・(ェ)・)ノ ふれふれ~」
(リューはあやしいおどりをおどった



さて、成果は…?

ちゃんと降りましたよー。
5日後くらいに。^-^



皆も航海中水に困ったら、踊ってみてね。▽。・x・)b
 

2007.07.09 
ウエディングドレスで カンパーイ♪

そして最後は、ウエディングドレスです。
お針子修行、卒業で~す。^-^



オツカレサマでした♪

次は何しよっかな~。0119kuma4_ani.gif
  
2007.07.08 

黒ジョーゼットのドレス インド茜染めのドレス

3日めは、ルネサンスドレスです。
黒ジョーゼットのドレスと、インド゙茜染めのドレスです。
エスコフィヨンと合わせると、きりっとした
貴婦人風になります。0119kuma2_ani.gif
 

2007.07.07 
黒のサテン製ラフカラードレス グリーンのサテン製ラフカラードレス

次は、サテン製ラフカラードレスです。
サテンを使っているので普通のラフカラードレスより
少し高級ぽい色合な気がします。

ピンクのサテン製ラフカラードレス

大人っぽい黒も素敵だけど、やっぱりピンクがカワイイ。*^^*
 
2007.07.06 
という訳でついに縫製マイスターになったキャラメルです。

縫製屋さんになった理由の一つに、
「自分の手でドレスを作りたい」っていうのがありました。*^-^*
なので早速ラフカラードレスを作ってみました!ヽ▽。・x・)ノ

…チクチク…

赤いラフカラードレス  黄色のラフカラードレス

ムフーw 
憧れてたものが自分の手で作れるようになって嬉し~い。

ピンクのラフカラードレス

やっぱりピンクが一番可愛いかなぁ。*^-^*


(注・マイスターにならなくてもドレスは作れマス。)
 
2007.07.05 

(きのうの続き)
そしてある日。

マイスター・キャラメル

ついに念願の縫製マイスターになりました!
ヽ▽。・x・)ノ♪バンザーイ!
 

2007.07.02 


中米はメリダで積んだ満載のオパールを近東のベイルートに
卸したその翌日には、縫製修行の為、
遠くインドはカルカッタに居たキャラメルです。

めまぐるしすぎます@@

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

アジアを代表する繊維と言えば生糸。▽。・x・)b
なので縫製修行の時は生糸を多く取り扱う街、マスリパタムか
カルカッタに暫く滞在することになります。

交易所の前で くださいな。
長く居るうちに交易所のおじさんともとっても仲良しに。



マスリパタムのおじさん

一緒に写真をとりました。^-^

2007.07.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。