上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

ぽわ太は、保管がすきです。
 
保管の歌 
 
理由その① 保管スキルが高いと難破や海賊による掠奪の被害が少なくなる。
   その② 装備していない装備品の耐久力の減りを少しだけ抑えられる ←重要
   その③ ブーストが女の子っぽいものが多い。(宝石箱とか、ドードーの扇とか) ←ココも重要

このように保管は何かととっても女の子に便利なスキルなのです。
 
しかしそのくせぽわ太の保管ランクは少しも上がっていません・・・
前にたまご修行をした時のままです。
船員さんたちにはいつも生魚パンを食べてもらっています。
 
そこで!
チュニスで砂を使って保管の修行をしてみたいと思います。

なんと、砂から砂金を作ってしまうのです。
まるで魔法のようですネ。

できた原価0の砂金を売ればウハウハで財政難も解消で一石二鳥を企むぽわ太なのでした。*^-^*
 
line-a.jpg
 
用意するもの.+:。☆・゚:*:
 
保管ランクが16になるまでのありったけの保管ブースト
保管ブースト 
 
そして財宝鑑定5のスキルと「豪商の自伝書レシピ」です。 

財宝とレシピ 

そして一番大切なのが材料となる「砂」なのですが
 
line-a.jpg
 
ここで前回ちょっとだけ出てきた、てまりちゃんの登場なのです。
ジャジャーン。
 
てまりちゃん登場
 
               すごいてまりちゃん
 
更にてまりちゃんのもっと一番すごいところは
採集をもっている事なのでした。▽。・x・)b
 
がんばるてまりちゃん という訳で砂集め係りのてまりちゃん。
 
もちろんぽわ太も遊んで見ている訳ではありません。
 
お手伝いします 探索でお手伝いするつもりでしたが
 
スナップロック式銃というものが掘れてしまうのですね。▽´・x・)
アイテム枠がいっぱいになって掘れなくなるので止めてしまいました。
 
                                  買って下さい

line-a.jpg 
 
砂、集まりました~.+:。☆・゚:*:
 
砂の山
 
この砂の山に保管の魔法をかけると・・・
 
魔法使いぽわ太
 
                                                 砂金作成、成功!
 
砂金キラキラ
 
減っちゃいました。30袋から1~2コだから・・・▽´・x・)
 
line-a.jpg

気になるお値段は・・・.+:。☆・゚:*:
 
砂金相場は・・・
 
ちょうどチュニスで100↑、ぽわ太売りで4,160Dでした。
 
砂を大量に集めるのに時間がかかるし、できる数も少ないので
残念ながらウハウハでウマウマとまではいかなかったようです。▽´・x・)ちょっとションボリ。
 

 
そしてね、本当は・・・
 
もってる保管ブーストだけでは必要ランクまで足りなくて、商館ショップの
木の実大人買いでライムジュースを作って急いで2つ上げたことは内緒。▽。・x・)b
(そっちの方がずっとサクサク上がったことも・・・)
 
line-a.jpg
 
という訳で.+:。☆・゚:*:
 
これからもぽわ太を色々助けてくれる
てまりちゃんをどうぞ宜しくお願い致します。
  
宜しくお願いします0119kuma2_ani.gif 
 

スポンサーサイト
2008.07.27 

(前回の続き)
そのあと、ヨーロッパに戻ったキャラメルは
カルヴィに行きました。

カルヴィだぉ


カルヴィで何をするのかというと

欲しいのはたまごなの。

たまごを元手に、ニワトリ屋さん開業!▽。・x・)b



用意するのは
たまごっ。「たまご」と
保管っ。「旅人の食料調達術」と
調理っ。「畜産秘伝・鳥の章」です。


たまご とヽ▽。・x・)ノ 保管だぉ を合わせると、
ニワトリさん になります。


たまに アヒルさん も生まれますが、あまり気にしません。
にわとりと一緒に飼ってあげましょう。




さらに生まれた
ニワトリさん  に、ヽ▽。・x・)ノ 調理なの。 を合わせると、
たまご になります。


こうして 
たまご → ニワトリさんアヒルさん → たまご を
繰り返しているうちに、


スキルアプー!

保管が3にランクアップ!
パパパパンパンパーン!(ドラゴンクエスト風に




こうして保管3の技を習得したキャラメルは、
リベンジのためひとりヴェラクルスへと旅立つのでありました。 
(ナンノ リベンジ?

TO BE CONTINUED...
 

2007.08.14 

今日は、この前ヴェラクルスに行った時に起こった事を、
ありのままお話します。

シリアルキャラメル
その日は、いつもは静かなあの街に、船を降りたら何故かたくさん人がいて…

ザワザワ…

「今日は、何かがおかしい… いつもと違う。」
嫌な予感が頭を掠めました。

まずは道具屋へ。
作りたかったのは「ポンチョ風ウィピル」です。
ポンチョ。

ところが

アレ?ナンデツクレナイノ??

道具屋のおじさん:「お嬢さん、綿生地があと20足りないようだよ。」

Σ(


気をとりなおして、次はラス・カサス氏の元へ。
教えてもらいたかったのは、管理技術です。
管理っ。
ア、アレ…?オカシイナ。

ラス・カサス氏:「お嬢さん、もう少し保管の勉強をしてからまた来なさい。」

ΣΣ(


何を言っているのか分からないとおもいますが、
キャラメルにも何がおきたのか分かりませんでした。

頭がどうにかなりそうでした。(ソレハチョットナイ

いつも生魚をガリガリ食べさせられてる船員の恨みとか
そんなちゃちなものじゃない、もっと恐ろしいものの片鱗を味わった
ヴェラクルスの気だるい真夏の午後でした。



こぅいぅコトしょっちゅうなんですけどね。▽。・x・)ノ
 

2007.08.11 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。