上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
 「1st Age メモリアル」っていうお祭りがありました。
  
カリブ姉妹、毒蜂一家のポプリコットちゃん、リスボンの夫婦、そして、ポーリーヌさん・・・
沢山の懐かしい人達と再会できるお祭りでした。
 
ぽわ太はみんな、こちらで 初めて会った人達でした。   
   
ポーリーヌさんの乙女心   
    
 cyu-rippu_line_a.jpg  
  
誰かに似た人 ☆。.:*   
   

  
迷える乙女(?)がまた一人
 
 100×35乙女はお腹が空くんです 
    

     
 cyu-rippu_line_a.jpg 
   
 素足のポーリーヌ ☆。.:*

 
それでも恋するポーリーヌ 
 
100×35  乙女心は永遠に
  
  
 
      素足は冷えますよ
    
    
 cyu-rippu_line_a.jpg 
   
 モテモテ テオドール vs (ry ☆。.:*  
  
  
 道化師さんもガンバッテます     
    
  
cyu-rippu_line_a.jpg    
    
上納品はマジックテープ? ☆。.:*
 
 
100×35     上納マスターと呼ばれて 
     
    
cyu-rippu_line_a.jpg    
   
ポーリーヌさんに靴を ☆。.:* 
 
 
くまのぬいぐるみをもらってお祭りは終わったけれど
 
それからしばらくは、酒場娘さんにプレゼントをするたびに
ポーリーヌさんにも靴を贈りたくなるぽわ太でした。  

 
靴をあげます
  
 
ポーリーヌさんにも新しい靴を。
 
    
 cyu-rippu_line_a.jpg
  
1(´∀`∩)↑age↑memorial
スポンサーサイト
2012.06.23 
季節ごとのお祭りに出かける他は
殆どマルセイユにこもりきりのぽわ太でしたが  
  
マルセイユにいても東アジアや新大陸の新しい衣装がどんどん
増えていくのは見ていました。
 
  
和菜さんファッションショー   
  
 
それでも、新しい服を手に入れる気力も起こらず
あいかわらずマルセイユにこもり続けるぽわ太なのでした。

  
  white-line-c.jpg つぶやきは続く 
   
   
 
 あの日、あの時、あの場所で。 「あのドレス」に出会うまでは。      
   
  
  
黒孔雀登場    
   
  
 
説明しよう ▽。・x・)ノ
 
黒孔雀のドレスとは、 
 
インドの奥深い山奥にしか生息しない「幻の黒孔雀」を発見した冒険者に与えられる、
孔雀マスターの称号を持つ者のみが身につけらる・・・どうのこうの・・・
 
というのはまったくのウソで 
 
(* ´∀`) 
 
西欧のあちこちに散らばる5つの美しい絵画を収集した人が、
マルセイユのダ・ヴィンチ先生からご褒美に与えられる
美しい黒のドレスなのです。
 
white-line-c.jpg 誰も知りませんでした。  
  
ダ・ヴィンチ先生だってふざけてみたい。
 
 
とにかく孔雀ドレスの色違いを3色お揃いで持っていたぽわ太は
新しい黒の孔雀ドレスもどうしてもどうしても欲しくなって
  
 
white-line-c.jpg一色足りない
   
 
ぽわ太の決心
  
ドレスGETを固く心に誓うのぽわ太なのでした。
 
そしてこれをきっかけにぽわ太は怒涛の美術マスターへの道を
突き進むことになるのです。
  
   
line-a.jpg    
 
「黒孔雀シリーズ」は続く。▽。・x・)ノ  不定期で。  
   
  
2012.06.02 
-ハロウィン2011-☆。.:*  
 
 
ガオガオのお稽古中 -ただいまガオガオのお稽古中- 
 
去年のハロウィンは、怪物さんのガオガオ語が面白くて
 
あの頃は、皆がいろんな所でガオガオしてて、とっても楽しそうでした。 

185×35 ガオガオ海賊団
   
 
怪物さんのいたプリマスは、「ガオガオの里」で起こしすれば
港の活性化発展になるんじゃないかと思いました。 
 
 孔雀石もあるよっ
 
  
line-a.jpg
    
 
-幽霊船奇譚 ~古の王の船団~-☆。.:*
 
 
食べたいものは… -お腹が空いたらクスクスッカーズ- 
  
185×35 クスクス…。
 
white-line-c.jpg  私、ません
 
 
  
 私たいのに私せないっ
 
いつまでたっても腹ぺこ術師さんにクスクスを渡せないぽわ太でした。
 
  
line-a.jpg
  
 
-イレーヌと作る世界のコース料理-☆。.:* 
 
イレーヌの場合☆。
 
イレーヌさんの企み rose_b_l13-2-a.jpg
  
rose_b_l13-2-a.jpg  ああっ イレーヌさまっ
 
 
ティカの場合☆。
 
同じ酒場娘でも…  heart_b_l-2_a.jpg
  
 
line-a.jpg 
 
以上、2011年のお祭りのまとめでした。▽。・x・)ノ
 
 
2012.05.05 
こんにちは。 
  
ぽわ太です。
 
  この頃は新しかったドレス。
 
ご無沙汰していました。
 
少しのお別れをしてからもう2年以上経ってしまいました。
 
 
2年の間、ぽわ太のいなかったDOLでは色々あったみたいで・・・
 
ぽわ太にとって一番の変化は、 商会が解散していた事でした。▽'・x・) 
 
 white-line-c.jpgオフ4風※オフ4風効果音デス 
 
画像はイメージです!▽。・x・)ノ 念のため。
  
今は、以前体験入会でお世話になっていた定時制1000万パワーズ さんにいます。
 
 
でも実は、日記は書いてなかったけど、たま~に戻ってきてこっそり遊んでました。
最初の頃は、お祭りの他は、殆どマルセイユにこもりきりだったけど。 
  
 つぶやきぽわ太も健在です。
 
 
そして一年くらい前からちょこっと冒険を再開してました。
 
 
これから、そんな思い出話から、少しづつお話をしていければいいなぁ…と思います。 
 
 
 小さな軌跡
 
 
2012.04.22 

もうずいぶん前のお話になってしまいましたが
日本とオーストラリアに行った時の様子です。
 
あこがれの日本☆。.:* 

あこがれの日本 
 
日本には商会長のミトンさんと一緒に行きました。
 
100×35 峠の茶屋で

あこがれの日本です。 
 
観光旅行?
 
「ついに!」
という感じでした。本当に…。    
 
white-line.jpg お洗濯もの干しが好きなだけなんです。
 
   ついに日本で洗濯物を干せた!という意味ではアリマセン。念の為w
 
中南米でもお手伝い
 

line-a.jpg   
 
魅惑のミクロネシア☆。.:* 
 
そして南半球です。
 
最初に感動したのはニューギニアのサマライでした。
 
こんなところがあったなんて。
 
お花がいっぱい
 
white-line.jpgwhite-line.jpg  なんて素敵なの
 
185×35      ぽわ太は幸せものです。
 
お花が沢山あって、フルーツもあって、砂浜には貝が埋めてあって・・・
「天国に一番近い場所」ってこういうところかな?って思いました。
  
ぽわ太が今までで一番感動したところかも知れません。
 
 
line-a.jpg
 
 
ぽわ太が日本とオーストラリアに行った時のお話はこれでおしまい。
 
そして
 
ぽわ太はこれを機に冒険をしばらくお休みします。
この日記もお休みします。
 
復帰はいつになるのか、わかりません。
 
ぽわ太はマルセイユでずっとのんびりしています。
 
いつも見に来て下さっていたみなさん、本当にありがとう。
またいつか会えるまで・・・。
 
しばらくの間、さようなら。
 
 
line-a.jpg
 
 
これから下は中の人からのご挨拶になります。
 
以前同じようにお休みした時は詳しいお話はしませんでしたが、
今回は少しお話してみようかな…と思います。

長くなるかもしれないので追記の方に書きます。
感じてる事を素直に書いてみます。
 
読みたい方はクリックしてください。
 

... 続きを読む
2010.02.22 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。